タイの映画2作品が「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」で上映

スポンサードサイト

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018今年で28回目を迎える「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」が14日から23日まで、キャナルシティ博多をメイン会場に開催されます。

ほとんどの作品が日本初公開となるアジア各国の映画は、今年も日本はもちろんのこと、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、中国などの東南アジアをはじめ、インド、イラン、カザフスタンからも出品されています。

タイからは以下の2作品が上映されます。

ダイ・トゥモロー Die Tomorrow

2017年/タイ/75分
監督 : ナワポン・タムロンラタナリット
上映日時 : 17日19:30、21日17:30
ダイ・トゥモロー Die Tomorrow
◇人生最後の日はごくごく普通。死がテーマの新感覚ムービー
死は誰にも訪れる。それは突然だったり、覚悟していたり。2012~17年の間にニュースや身の回りで聞いた話など監督の個人的な記憶に基づき、普通の人々が死を迎える前日のエピソードをオムニバス形式で描く。また、子どもから老人まで個人の死生観を問うインタビューを交えたハイブリッドな作品。



別れの花 Malila: The Farewell Flower

2017年/タイ/99分
監督 : アヌチャー・ブンヤワッタナ
上映日時 : 17日13:30、18日10:15、21日12:30

別れの花 Malila: The Farewell Flower
◇生と死、そして愛…彼らの魂の行方を描く映像詩
バナナの葉と花で作るバイシーはタイの儀式で使用される伝統的な装飾品。末期ガンに冒され自らの癒しのためにバイシー作りに専念する男、結婚生活に失敗しジャスミンの花を栽培する男、彼らは元恋人同士だった。死者の魂が宿るとされるバイシーを象徴に、二人の愛と死生観を圧倒的な映像美で描く。




※アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018 ⇒ 公式サイトFacebook


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト