タイ人アーティスト2名が参加~「APAFーアジア舞台芸術人材育成部門2018」11月8~12日開催

スポンサードサイト

APAFーアジア舞台芸術人材育成部門2018APAFーアジア舞台芸術人材育成部門2018」は、2002年に開始された「アジア舞台芸術祭」を前身に、2017年から東京芸術祭の1部門となった人材育成のプログラムで、アジアの舞台芸術を通じた相互理解と文化交流の促進、アーティストの相互交流による舞台芸術の創造と水準向上、優れた人材と作品の発掘と、アジアにおける芸術・文化の振興に貢献することを目指しています。

今年は東京芸術劇場シアターウエスト等を会場に8~12日、3つのプログラムが開催されます。

このフォーラムには日本のほか、フィリピン、インドネシア、マレーシア、台湾、そしてタイから多くのアーティストが参加します。

その二人のタイ人アーティストはパタウィー・テープクライワン(Pathavee Thepkrauwan)さんとパオプーム・チワラク(Paopoom Chiwarak)さん。3つのプログラム概要と、二人が参加するプログラムは以下の通りです。

国際共同クリエーション『ビューティフル・トラウマ〜Behind the Scenes~』

パタウィー・テープクライワン(Pathavee Thepkrauwan)前年の国際共同制作ワークショップで制作された小作品より 1作品をフルサイズの作品に発展させ上演するプログラム。「化粧」というテーマのもと制作された、インドネシアの演出家ユスティアンシャ・ルスマナによる『ビューティフル・トラウマ〜Behind the Scenes~』を上演します。

日時:11月9日(金)19:00〜、10日(土)13:00〜
場所:東京芸術劇場シアターウエスト
申し込み:入場無料・要予約
演出:ユスティアンシャ・ルスマナ(インドネシア)
出演:アブナー・T・デリーナ・ジュニア(フィリピン)、三方美由起(日本)、南波圭(日本)、パタウィー・テープクライワン(タイ=上画像)、八木光太郎(日本)
※アルファベット順

舞台監督:浦弘毅(ステージワークURAK)
演出助手:坂倉球水
音響:和田匡史
照明:島田雄峰(LST)
衣装:藤林さくら
スチル撮影:松本和幸
記録動画撮影:古屋和臣

国際共同制作ワークショップ

パオプーム・チワラク(Paopoom Chiwarak)アジアの若手アーティストが一堂に集い交流しながら、決められたテーマの小作品を共同制作するワークショップ。今年はAPAFディレクター・多田淳之介が設定したテーマ「Violent」(暴力)をもとに制作された15 分間のオリジナル3作品を上演します。

■ワークショップ上演会(3作品)
日時:11月10日(土)17:00〜、11日(日)13:00〜
場所:東京芸術劇場シアターウエスト
申し込み:入場無料・要予約

演出:京極朋彦(日本)、イッサ・マナロ・ロペス(フィリピン)、デンディ・マディヤ(インドネシア)
出演:パオプーム・チワラク(タイ=上画像)、洪珮菁(台湾)、栗原朋子(日本)、廖晨志(台湾)、ジャレッド・ジョナサン・ルナ(フィリピン)、間瀬奈都美(日本)、オリーヴ・ニエート(フィリピン)、フィトゥリー・レイニー(インドネシア)、寺越隆喜(日本)、鶴岡政希(日本)、ジットヤン・トゥン(マレーシア)、和田華子(日本)、楊維真(台湾)
※アルファベット順

舞台監督:中井尋央(ステージワークURAK)
演出助手:伊藤梢、西岳、大橋武司
音響:和田匡史
照明:島田雄峰(LST)
スチル撮影:松本和幸
記録動画撮影:古屋和臣

■ラップアップ
日時:11月11日(日)15:30〜
場所:東京芸術劇場シアターウエスト
申し込み:入場無料・予約不要

APAFアートキャンプ

参加者たちが東京芸術祭開催中9日間滞在し、観劇・レクチャー・フィールドワーク・スピーチ・ディスカッションを通じて、国際共同制作への理解と交流を深め、未来の舞台芸術界に寄与する人材、活動を育成するプログラム。滞在中は一般公開のフォーラムを、最終日には成果の集大成として参加者ひとりひとりがプレゼンテーションを行います。

参加者:リヤダス・シャリヒン(インドネシア)、敷地理(日本)、白神ももこ(日本)、シャフィック・シャジム(マレーシア)、和田ながら(日本)
※アルファベット順
キャプテン:石神夏希

■公開フォーラム「ローカリティの時代へ-どこで創るか?どこで生きるか?」
日時:11月8日(木)19:00〜
場所:東京芸術劇場 アトリエウエスト
申し込み:入場無料・要予約
詳細は追ってウェブサイトにて発表します。

登壇者:石神夏希(APAFアートキャンプキャプテン・劇作家)、ユスティアンシャ・ルスマナ(APAF国際共同クリエーション演出家)、野村政之(演劇制作者・ドラマトゥルク)、多田淳之介(APAFディレクター)
※アルファベット順

■APAFアートキャンプ最終プレゼンテーション
日時:11月12日(月)17:00〜
場所:あうるすぽっと ホワイエ
申し込み:入場無料・要予約
【会場】

■東京芸術劇場シアターウエスト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
Tel: 03-5391-2111 (代表)
JR・東京メトロ 東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分
※駅地下通路2b出口と直結

■あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】
〒170-0013 東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F
JR池袋駅東口より徒歩10分 ※JR池袋駅東口を出てグリーン大通りを直進
東京メトロ 有楽町線 東池袋駅6・7出口より直結
都電荒川線 東池袋四丁目駅より徒歩2分



【申し込み】
APAFの公式ウェブサイトにて10月6日(土)10時より受付開始
アジア舞台芸術祭とは アジア舞台芸術祭は、アジアの舞台芸術を通じた相互理解と文化交流の促進、アーティストの相互交流による舞台芸術の創造と水準向上、優れた人材と作...

【お問い合わせ】
APAF2018事務局
Tel: 03-6820-2413
Mail:apaf@iti-j.org
URL: http://butai.asia/ja/

東京芸術祭(東京芸術祭組織委員会事務局)
Tel: 03-6388-0119


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト