「居酒屋 土間土間」でタイ国政府観光庁お墨付きタイ料理8品が期間限定で販売へ

スポンサードサイト

日本からタイへの渡航状況
新型コロナウイルス感染拡大の影響でタイに行くにも行けない今、レインズインターナショナルが日本国内で113店舗を展開する「居酒家 土間土間」で、タイ国政府観光庁東京事務所所長お墨付きの本格“土間土間風”「タイ料理」(フードメニュー8品、ドリンクメニュー4品)を7月6日(月)から9月6日(日)の期間限定で販売します。

「微笑みの国」と呼ばれるタイは、日本からの観光客が年々増えており、2019年には過去最高の約180万もの日本人がタイへ訪れています。一方で、2020年は新型コロナウイルスの影響で、タイへの出国数は昨年比73.3%減の約48万人ほどの見込み(タイ国政府観光庁調べ=上表)となっています。

土間土間では、2019年より一部店舗にてタイ料理を提供し、特に女性のお客様に大変好評でした。このほど、タイへ旅行に行けない方に少しでも「タイ旅行気分」を味わっていただきたいという想いから、さらに改良を加えた土間土間ならではの「タイ料理」を全店舗にて提供することにしたものです。

7月6日から9月6日の期間限定で提供するフードメニュー8品、ドリンクメニュー4品は以下のとおりです。
◆パッタイ(590円)
パッタイ 「今回のメニューで一番本格的な味に仕上がっている」とセークサン スィープライワン所長のお墨付きを得た「パッタイ」。米粉でできたもっちり麺をたっぷりの野菜と一緒に炒めました。

◆冷やしガパオうどん(590円)
冷やしガパオうどん タイの定番料理をうどんと絡めました。スパイシーな具材とさっぱりなうどんが相性抜群。「ガパオは普通はライスで作りますが、うどんは初めてです。これは1つの完成形ですね。タイ料理と日本食が大変よくマッチしていると思います。」(セークサン スィープライワン所長)

◆蒸し鶏と海老の生春巻き(490円)
蒸し鶏と海老の生春巻き ピリ辛ソースが味の決め手!サラダ感覚で一緒に。

◆グリーンカレー(590円)
グリーンカレー タイカレーといえば、いまやグリーンカレー(ゲンキョウワン)を指すくらいです。

◆カオマンガイ(590円)
カオマンガイ 東南アジアを代表するソウルフード。チキンスープで炊いた鶏の旨みたっぷりでごはんは、独特のソースと共に食が進みます。

◆えぴパン(490円)
えぴパン カリっともちもち。海老の風味が香ばしい揚げパンです。

◆カニチリ スパイシーパウダー(390円)
カニチリ スパイシーパウダー エビチリをカニで作りました。カリカリの食感とピリ辛で、おつまみに最適。

◆カニチリ マンゴーチリソース(390円)
カニチリ マンゴーチリソース フルーティーなマンゴーソースでまろやかに仕上げました。

◆ドリンクメニュー 各490円
ドリンクメニュー 写真左から「トロピカル・ココパッション」 ※アルコールドリンク、「タイランド・ブリーズ」 ※アルコールドリンク、「すいかサマー」 ※ソフトドリンク、「プーケット・サンセット」 ※ソフトドリンク


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ ↓
 タイまで575万歩 - にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードサイト