「世界各国の絶対に訪れるべき場所」タイはワット・ポー、日本は伏見稲荷大社

Every Country's Top Tourist Attraction
バンコク・ワットポーアプリ Vouchercloud はこのほど、旅行情報サイト TripAdvisor上で “その国で最も評価が高かった観光スポット” を1つにまとめたマップを発表しました。

それによりますと、日本は伏見稲荷大社、タイはワット・ポー()となっています。

タイはエメラルド寺院(ワットプラケオ)や暁の寺院(ワット・アルン)など、数ある寺院の中で、やはり涅槃仏で有名なワット・ポーがトップにきています。

まあまあ納得できる結果ではないでしょうか。皆さんはワット・ポー以外にお薦めの観光スポットはありますか。

以下に主な国の「絶対に訪れるべき場所」を紹介しておきましょう。

【アジア】
日本:伏見稲荷大社
韓国:ソウル地下鉄
北朝鮮:主体思想塔
台湾:太魯閣渓谷
モンゴル:ゴルヒ・テレルジ国立公園
ラオス:クアンシーの滝
ベトナム:古都ホイアン
タイ:ワット・ポー
カンボジア:アンコール・ワット
ミャンマー:バガンの寺院
中国:万里の長城
インド:タージ・マハル
ネパール:アンナプルナ
ブータン:タクツァン僧院

【オセアニア】
オーストラリア:シドニー・ハーバー
ニュージーランド:ニュージーランド国立博物館
フィジー:ジップフィジー

【欧州】
カザフスタン:メデオ スケートリンク & スキー リゾート
ロシア:血の上の救世主教会
ドイツ:ミニチュアワンダーランド
デンマーク:ニューハウン
アイスランド:グトルフォス
アイルランド:キラーニー国立公園
ベルギー:グラン=プラス
トルクメニスタン:地獄の扉 ガス鉱床

【アフリカ】
モロッコ:ハッサン 2世モスク
アルジェリア:ノートルダム・ダフリク大聖堂
ケニア:マサイマラ国立保護区
エチオピア:ラリベラの岩窟教会群

【中東】
アフガニスタン:バブール庭園
トルコ:アヤソフィア博物館
イラン:ペルセポリス

【北中米】
カナダ:ナイアガラの滝
メキシコ:メキシコ国立人類学博物館
グアテマラ:ティカル遺跡4号神殿
キューバ:バラデロ・ビーチ
バハマ:キャスタウェイ・ケイ
エルサルバドル:ロザリオ教会

【南米】
アルゼンチン:悪魔の喉笛
コロンビア:城壁都市カルタヘナ
チリ:トーレス・デル・パイネ国立公園
ペルー:マチュ・ピチュ

※「世界各国の絶対に訪れるべき場所」の全体図(拡大図)はこちら ⇒ Every Country’s Top Tourist Attraction


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト

コメント

  1. Tui☆ より:

    日本とタイの以外は行ったことないですね。パガン遺跡とか行ってみようかな。
    伏見稲荷はご近所でしたけど、ワタシが住んでたころは国内のお商売のひとが参拝に来るぐらいの地味なスポットでした。すっかり世界的に有名な観光地になっちゃいましたね〜

    • JiMNY より:

      <Tui☆さん>ここ最近の外国人観光客の増加やSNSの普及によって、京都以外にも日本人も知らないようなレアは場所も外人には有名になったりする時代ですね。タイだったら、チェンマイ方面にも行くべきところはいろいろあるのでは?