ガパオライスに特化した「マンゴツリーキッチン“ガパオ” 大丸心斎橋店」がオープン

スポンサードサイト

マンゴツリーキッチン“ガパオ” 大丸心斎橋店株式会社ミールワークス(本社:東京都目黒区)は、タイ料理イートイン&デリカテッセン業態「マンゴツリーキッチン“ガパオ”」を20日、「大丸心斎橋店 本館」地下2階フードホールにオープンします。

「マンゴツリーキッチン」は、タイ・バンコクに本店を持つ「マンゴツリー」の姉妹店として、エキナカ・駅近を中心に日本独自で展開する業態で、タイ屋台をモデルにひとつのメニューに特化した、クイックでコンパクトな本格的なタイ料理の専門店です。

2012年7月に東京駅構内グランスタに1号店をオープンし、現在では東京3店舗、神奈川2店舗、大阪1店舗、広島1店舗、埼玉1店舗(カオマンガイキッチン名義)の計8店舗を展開、2018年6月には、フィンランドのヘルシンキで開催された「エアポート フード&ビバレッジ カンファレンス&アワード2018」の、“鉄道駅の飲食店”カテゴリーで、1位を受賞しました。

大阪・ミナミエリア初出店となる同店では、オープンな空間でフードホールならではの活気があり、肉やシーフードとタイバジル“ガパオ”、ナンプラーや唐辛子、タイの調味料を合わせて炒めた5種類の「ガパオライス」を楽しめるイートインのほか、本格的なタイ料理をオフィスやご家庭でも楽しめるテイクアウトを用意します。

メインとなるガパオライスとのセットメニューや、その他のメニューは以下のとおりです。
<ガパオ>
日本でも「ガパオごはん」として知られているタイ料理の定番メニュー。
肉や野菜と爽快な香りのタイバジル“ガパオ”を、唐辛子、ナンプラー、シーズニングソース(タイの調味料)などと炒めた「ガパオ炒め」と、タイから輸入した香り米「ジャスミンライス」の相性はぴったり。目玉焼きをくずして混ぜると、まろやかな味わいに。

ガパオセットメニュー鶏のガパオ “ガパオ ガイ”980 円 セット1,330円
クリスピーポークのガパオ “ガパオ ムー クローブ”1,050 円
えびすもち豚のガパオ “ガパオ ムー クローブ”1,280円 セット1,630円
シーフードのガパオ “ガパオ タレー”1,180円 セット1,530円
季節野菜のガパオ “ガパオ パック”880円
※単品はスープ付き、セットは生春巻き、サラダ、スープ、デザート付

鶏のグリーンカレー“ゲーン キョウワン ガイ”鶏のグリーンカレー“ゲーン キョウワン ガイ”1,000円
鶏の唐揚げ(プレーン、トムヤム)330円~
鶏のBBQグリル “ガイ ヤーン”380円
グリーンパパイヤのサラダ “ソムタム タイ”440円

<ドリンク>
アサヒ スーパードライ(ボトル)400円
シンハー(タイビール)580円
フローズンスイカジュース530円
マンゴジュース、300円
アイスコーヒー280円

<テイクアウト>
鶏のガパオボウル882円
クリスピーポークのガパオボウル945円
鶏のグリーンカレーボウル900円
鶏の唐揚げ(プレーン、トムヤム)324円~

なお、9月20~30日までのオープニングフェアでは、1,500円以上お買い上げのお客様、毎日先着20名様に、マンゴツリーでのテイクアウトにぴったりな、ボウルとお惣菜を入れるとちょうどよい「マンゴツリー」ロゴ入りクーラーバッグが贈呈されます。

「マンゴツリーキッチン“ガパオ” 大丸心斎橋店」の概要は以下のとおり。
オープン日:2019年9月20日(金)
所在地:〒542-8501大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館 B2F
電話番号:06-4256-1470
営業時間:10:00~23:00店休日:不定休(施設休業日に準ずる)
店舗面積:36.87㎡(11.15坪)
席数:20席

「マンゴツリー」新業態の1号店「マンゴツリービストロ」が博多駅に26日オープン!
タイ料理レストラン「マンゴツリー(mango tree)」は2002年、ロンドンに次いで3番目の「マンゴツリー」を丸ビルにオープン、...


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードサイト