佐賀を舞台にしたドラマ続々!「ガタの国から」上白石萌音と ティティ・マハーヨーターラックが主演で

ガタの国から

ガタの国からNHK佐賀放送局が制作した、タイと日本を結ぶドラマ「ガタの国から」が7月14日、NHK総合(佐賀県域放送)で、7月19日にはBSプレミアムで放送されました。

「ガタの国から」は、「ガタ(有明海の干潟)」・「美肌」・「タイ」をキーワードに進行。タイの人気俳優ティティ・マハーヨーターラックさんが演じるタイ人青年と、上白石萌音さん演じる日本の女子高生とのひょんな出会いから大騒動が巻き起こる、佐賀の魅力が詰まった青春ドラマです。脚本に「半沢直樹」「下町ロケット」等の八津弘幸氏。演出は田島彰洋氏です。

これまでにも、九州を舞台にしたドラマや映画が数々作られてきました。佐賀を舞台にしたドラマも2015年に、今回主演したティティ・マハーヨーターラックさんも出演した「STAY 佐賀…チャンチャキトゥントゥー(STAY ซากะ..ฉันจะคิดถึงเธอ)」が製作され、タイと日本で放送されました。

これでますます、佐賀を中心に九州各県を訪れるタイ人観光客が増えるのではないでしょうか。ほかの外国人観光客に聞いても、もう1度訪れるなら、九州と答える人が多いんだとか。

理由としては、九州の玄関口、福岡は空港と市街地が近いことと、観光スポットがまとまっていることから、効率的に観て回れることなどがあるようです。

【あらすじ】
佐賀の名湯・嬉野温泉にタイのスーパーアイドルがやって来た!「がばいカッコよくない?」にわかに沸き立つ温泉街。しかし、老舗旅館の一人娘・未来は全く興味なし。アイドルよりもムツゴロウに夢中という、ちょっと変わった女子高生なのだ。ところが、タイのアイドル(サムット)が現場から逃亡、偶然居合わせた未来がなぜかその片棒を担ぐことに。目指すは、水平線の彼方まで潮が引く日本最大の干潟(ガタ)有明海。サムットにはどうしても広大な「ガタ」を見たい理由があった。サムットの願いをかなえようと、未来は必死に追っ手を妨害するのだが…。果たして二人は迫る追っ手を振り切り、無事、ガタにたどり着くことができるのか?
タイと佐賀、言葉の通じない二人が、言葉の壁を乗り越え手に入れたものとは……!?

※「ガタの国から」 ⇒ 特設サイト


ガタの国から 投稿者 phankien281


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト

コメント

  1. Tui☆ より:

    むかし九州周遊の旅をしたとき、佐賀はイマイチ印象薄くてコースから外してしまったんですが、今になってタイでブームになるとは思ってもみませんでした!
    映画・ドラマの舞台ってこともあるんでしょうけど、タイ人の日本理解も進んできてるってことですね。

    • thaijapan より:

      <Tui☆さん>佐賀といえば、ネタとしてちょっとバカにしたりするところがありましたね。タイのテレビがここを舞台にドラマなどを作ったことで、タイ人観光客が結構来日するようになったようです。佐賀に限らず、九州のほかの県も人気を集めてるようです。