自宅で手軽に本格タイ料理を!スースーチャイヨーがムーピンやサテなどの新商品を発売

大山鶏のサテ(むね肉)東京都内で「クルン・サイアム」、「オールドタイランド」、「タイ料理研究所」、「タイストリートフード」を展開する株式会社SUU・SUU・CHAIYOO(スー・スー・チャイヨー)は、タイの定番屋台料理であるサテやムーピンなどの新商品6種を10月7日より発売します。

SUU・SUU・CHAIYOOは、タイ旅行がかなわない現在、自宅でも本格的なタイ料理を楽しめるようにとのことで、メニューを開発。冷凍食品ながらも、タイ料理ならではのスパイス感と風味を追及した仕上がりになっている商品を数多く提供しています。

同社が今回、追加販売する新商品の概要は以下のとおりです。

■「大山鶏のサテ(むね肉)」 780円(税込)

■「大山鶏のサテ(むね肉)」 780円(税込)鳥取県の雄大な山、大山。その麓で日本名水百選にも数えられるミネラルたっぷりの地下天然水と、さわやかに澄んだ空気に囲まれ、条件の整った最高の環境で育てられた「大山鶏」は鮮度が高く、焼いてもジューシーさが失われないことが特徴です。
タイの大衆料理サテは、レモングラスや、タイのショウガ(ガランカー)コリアンダーシード等の香辛料を多用した味付けです。
お酒に合う一品となっております。ジューシーな大山鶏と、タイ料理サテの最高のハーモニーをぜひお楽しみください。

調理例は上画像参照。


■「ムーピン(豚肉の串焼き)」 780円(税込)■「ムーピン(豚肉の串焼き)」 780円(税込)

ムーピン(หมูปิ้ง)タイでは屋台でよく売られている豚肉の串焼き。タイの大衆料理のひとつで、日本人にも食べやすい味付けです。そのままかぶりつくのも良いですが、タイではもち米と一緒に食べるのが一般的。辛さはありませんので、お子様でもお召し上がりいただけます。

ムーピンはビールに合います。ぜひビールのおつまみとして食していただきたい一品です。


■「サテ(鶏もも肉の串焼き)トムヤム味」 680円(税込)
サテは言わばタイの「焼き鳥」。トムヤムクン味のつけダレに漬け込み、丁寧に焼き上げました。甘味と酸味と少しの辛味が、お酒にもごはんにも合います。おうちバーベキューにもぴったりです。

■「サテ(鶏もも肉の串焼き)グリーンカレー味」 680円(税込)
タイの定番料理鶏肉の串焼き(サテ)をグリーンカレー味に味付けして焼き上げました。ココナッツミルクの濃厚さが、柔らかい鶏肉と相性抜群。細かく刻んだこぶみかんの葉が、良いアクセントとなり、香りがたまりません。

■「サテ(鶏もも肉の串焼き)ラープ味」 680円(税込)
タイのいわば「焼き鳥」をイサーン地方の家庭料理「ラープ」味のたれに漬け込んで焼き上げました。ナンプラーの香りと、「カオクワ」という煎り米を混ぜ込んだつけダレは、なんとも言えないタイの香りに包まれて、一口食べれば気分はタイ!

■「ゲーンパー(鶏肉入りスパイシースープカレー)」 780円(税込)

ゲーンパー(鶏肉入りスパイシースープカレー)ココナッツミルクが入っていない激辛カレーです。
ゲーンパーは訳すと「森のカレー」というちょっと意味。
「森のカレー」という変わった名前の由来は、森の中ではココナッツミルクが入手できないから、という説も。
タイのショウガ、レモングラスやコブミカンの葉などの薬膳素材で味付けした辛い中にも繊細な味のスープは、サラサラとした食感で、激辛好きにの方にはたまらない一品です。

※ネットショップはこちら ⇒ 「スースーデリ」


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ ↓
 タイまで575万歩 - にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ