タイ・ドイツ・ノルウェー合作映画「サムイの歌」が第18回東京フィルメックスで上映

サムイの歌(Samui Song)
第18回東京フィルメックスアジアを中心とした世界から独創的な作品を集め、未知なる作品や驚くべき才能との出会いを通して、より進化した豊かな映画文化を創造していく国際映画祭「第18回東京フィルメックス」が11月18日(土)~26日(日)、有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ 日劇を会場として開催されます。

今回タイからは、特別招待作品としてタイ・ドイツ・ノルウェー合作映画「サムイの歌(Samui Song、ไม่มีสมุยสำหรับเธอ)」が上映されます。

「サムイの歌」は、外国人の夫が仏教系の新興宗教に帰依したことから30代のテレビ女優の夫婦生活は暗転、ついに夫の殺害を計画するまでに至る、というストーリーで、ヴェネチア映画祭「ヴェニス・デイズ」部門のオープニングを飾ったペンエーグ・ラッタナルアーン監督によるフィルム・ノワールです。

主演は「すれ違いのダイアリー」でヒロインを演じたプローイ・チャーマン。上映は21日18時20分から、有楽町朝日ホールで。




◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト

コメント

  1. Tui☆ より:

    うへー陰鬱で見たくなさそうな映画ですねー。こういうの見たいひといるんだろうか?いるから作るんだろーな。サムイ島のイメージが悪くなりませんように・・・