「ガパオまん」と「マンゴーカレーまん」神楽坂五十番が大丸東京店地階ほっぺタウンで新発売

牛すき焼きまん~半熟風卵入り~中華まん・点心の専門店「神楽坂五十番」(本社:東京都新宿区神楽坂)はこのほど、大丸東京店のほっぺタウンで「ガパオまん」「マンゴーカレーまん」「海老チリチーズまん」「スタミナまん」「極上饅」を発売しました。

気温が高い夏は、あつあつな中華まんは遠慮されがちです。そこで、暑い夏でも食べたくなってしまう!夏にぴったりな○○まんがぞくぞく登場。

まずは、今やタイ料理の代表格ともいえる「ガパオ」を中華まんにしました。中のあんには、スパイシーな味付けの鶏ムネひき肉と野菜がたっぷり。パクチーとミントの風味が食欲をそそります。「ガパオまん」の発売価格は450円。
ガパオまん
そして、夏にぴったりなスパイシーなキーマカレー風のあんの中に、隠し味のドライマンゴーが入った「マンゴーカレーまん」(400円)は期間限定での販売です。
マンゴーカレーまん
そのほか、プリプリの海老とチーズのコクのコンビネーションがたまらない「海老チリチーズまん」(398円)や、「スタミナまん」(486円)は中華まんには珍しい塩味で、豆板醤と半熟風卵を入れて旨辛まろやかになっています。

さらには、あんにフカヒレ・金華ハム・ホタテ貝柱・海老と上質のアラビキ豚肉と椎茸、冬筍、くわい等、たっぷりの具材を包みこんだ聘珍樓の「極上饅」は、中味も値段も豪華な1,296円です。


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 


ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードサイト

コメント

  1. Tui☆ より:

    ガパオまん、いいっすねえ。タイで売っても絶対売れると思うんですが、タイ人って意外と保守的なんやねえ。先に言っときますけど、ガパオバーガーもぜったいどっかが売り出すと予想。

    • thaijapan より:

      <Tui☆さん>タイのサラパオって、そういえばあまりバリエーションがないような気がしますが、今はそうでもないんでしょうか。それと、小さめのサイズが主流のような気もします。その辺の事情も昔とは変わっているんでしょうか。