ミューニックBNK48出演のタイ映画「ストレンジ・シスターズ」が日本上映スタート

スポンサードサイト

ストレンジ・シスターズタイ映画『ストレンジ・シスターズ(原題 SisterS กระสือสยาม)』が3月6日(金)から東京のヒューマントラストシネマ渋谷で、4月16日(木)から大阪のシネ・リーブル梅田で公開になります。

『ストレンジ・シスターズ』は、『マッハ!』『トム・ヤム・クン!』をタイ映画史上最大のヒット作へと導いたプラッチャヤー・ピンゲーオ監督が、20年来の構想を実現させたホラー・アクション。作品のモチーフとなっている“ガスー”は、東南アジア一帯に古くから伝わる怪物で、知る人ぞ知るカルトホラー『首だけ女の恐怖』にも登場する。その姿は、女性の生首の下に臓物がぶら下がり、宙に浮いているという不気味さ。BNK48の“ミューニック”こと、ナンナパット・ルートナームチュートサクンが、ガスーに怯え、自身もガスーへと変貌するかもしれない運命に恐怖する美少女・ウィーナー役を可憐に演じています。

ストーリーは以下のとおり。
実の姉妹のようにして育ったウィーナーとモーラー――母親同士が姉妹である2人は、生まれながらにして数奇な運命を背負わされていた。かつて、モーラーの母・スロイは忌まわしき怪物・ガスーとなってしまった。その血をひくモーラーも、やがて…。彼女の父・シンは娘を守ろうと、ガスー撃退のための呪文や法術、そして格闘技術を何年もかけてウィーナーに仕込んできたのだ。しかし、美しい16歳の少女へと成長したモーラーの周辺に、不穏な影が。スロイを怪物へと変え、ウィーナーの母を亡き者としたガスーの姉妹・ラートリーとドゥアンダーオが、モーラーを狙って動き出したのだ…!



第32回東京国際映画祭でタイ映画2本上映!どちらもBNK48のメンバーが出演した話題作
10月28日(月)から 11月5日(火)まで、東京・六本木ヒルズ等で開催される「第32回東京国際映画祭」で、タイ映画「私たちの居場所」と「私...


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードサイト