19歳のタイ人女性が快挙!スヌーカーの国際大会で初優勝!!

スポンサードサイト

Nutcharut Wongharuthai10月17日~20日に開催されていたスヌーカーの国際大会「Australian Women’s Open 2019」で、タイのヌチャルット・ウォンガルタイ(Nutcharut Wongharuthai)選手が初優勝に輝きました。

ヌチャルット、愛称ミンク選手は、3年連続で世界チャンピオンに輝いている香港のNg On Yee選手に68-31、75-38、6-70、60-7、0-85、81-21の4対2で勝利をものにしました。

ビリヤードはやったことがある方もいて馴染みがあるかもしれませんが、スヌーカーというと知らない人も多いのではないでしょうか。

スヌーカーはビリヤードから派生した英国発祥の競技で、タイではあちらこちらにスヌーカー場があるくらい身近なもので、プロのスヌーカー選手もイングランド、スコットランド、ウェールズ、中国に次いで5番目に多いのがタイです。

タイのスヌーカー選手で有名なのが、1990年代に活躍したジェームス・ワッタナー(James Wattana)選手がいます。最高位は世界ランキング3位にまでなったタイの英雄です。

ちなみにミンク・ヌチャルット選手は、今年の3月に女性初の147(マキシマムブレイク)を達成しています。

147(マキシマムブレイク)とは、相手に1点も与えず、最高得点の147ポイントをゲットすることで、至難の業と言われています。

その時の様子が下の動画です。どうぞご覧ください。



▶Nutcharut Wongharuthai ⇒ Facebook


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ブログ更新をメールで通知

記事が更新されますと、即自動でお知らせのメールがお手元に届きます。メールアドレスを記入して「メール受信」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク
スポンサードサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードサイト